転ばぬ先のポケットwifi

筆者の体験談なのですが、引っ越し直後、まだ固定の回線工事前ですがネットに繋がなければならないことがありました。スマートフォンでテザリングしてパソコンからネットに繋いでいたのですが、早々に転送制限に引っかかり128bpsという1980年代のような通信速度でイライラししたものです。それにテザリングしていると電池もどんどん減っていきますので充電切れで電話も使えなくなって大変困ったことがあります。

そのときはお蔵入りしていた二つ折りのフィーチャーフォンにスマートフォンのSIMを差して、スマートフォン側にはプリペイドのデータSIMを差して乗り切りました。東日本大震災のときも固定回線が使えなくなり、当時は転送制限のなかった3GスマホのテザリングでTwitterや安否確認サービスなどを使用していました。スマートフォンは「電話」です。緊急時の連絡が充電切れでできなくなるならテザリングなんか怖くてできません。そんなときポケットwifiにテザリングを任せてしまえれば安心です。

フィーチャーフォン、いわゆる「ガラケー」は今でも使用者は多く、ガラケー+タブレットという運用をしているヘビーユーザーもいます。タブレットにもSIMを差せる機種はありますが、wifiオンリーの機種のほうがやすいのが普通です。ガラケーのテザリングはスマートフォンよりも割高なので、wifiモデルのタブレットを持ち歩くならばポケットwifiが一番よい選択肢になります。

現在発売されている据え置きのブロードバンドルーターはほとんどがwifiの親機機能を備えていますが、ルーターなどそうそう壊れるものでもないので無線対応していないかなり前の機種を使っているケースも多くあります。ポケットwifiにはイーサネットのポートが付いている機種もあり、LANケーブルを差せばwifiルーターをとして機能するものもあり、機器の運用に柔軟性が持たせられます。

モバイルバッテリーとしてスマートフォンに充電できる機能のある機種もあります。